河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

年末年始に赤ちゃん連れで飛行機旅行!移動のポイントは?

2014/12/28

年末年始の帰省シーズン、交通機関で赤ちゃんが大泣きしないか心配ですよね。

私の実家が九州なので、神奈川からだと飛行機になります。羽田空港まで約1時間(電車+バス)、羽田空港〜福岡空港が2時間(飛行機)、福岡空港〜実家まで2時間半(電車+バス+車)ですが、待ち時間を合わせると8時間くらいかかります。1人でも大変なのに5ヶ月の赤ちゃん連れ…。心配だったけど、なんとか無事に帰ることができました。

羽田空港までの移動は空港リムジンバス

京浜急行の空港リムジンバスを使った方が座れるし、移動が楽なので電車ではなくバスを選択!

バスは年末なので子供連れもいて「シ〜ン」ってことはなく、楽しそうなしゃべり声が聞こえていました。前の方の座席はビジネスマンや1人の方など、早く降りたい方が座って、後部座席には家族連れ。私たちも後ろの方の座席にしました。

家族連れが多かったおかげで、多少ぐずってもあせることなく落ち着いて対応できました。朝のねんねの時間に合わせて乗ったので、授乳したら空港まで寝てくれたので助かりました。バスの振動が心地よかったみたいです。

空港リムジンバスで移動するときのポイント

  • 2週間くらい前からねんねの時間を調整
  • 年末年始で混んでいることを予想して、2時間くらい前に着くように
  • バスは後ろの方の席

羽田空港から福岡空港までの飛行機移動

飛行機
ここが一番心配でした。2時間のあいだ、泣いても途中下車なんてできないし気圧で耳が痛くならないか。
空港に早めに着いておいてよかったです。手荷物預けるのに行列、ゲートをくぐるのに行列、オムツ替えに行列でした。

手荷物を預けて、朝の離乳食タイム! と、思いきや大失敗!!! 冷凍おかゆがちょうどいいくらいに溶けているかと思ったら、全然溶けていなくて熱湯を注いでも冷たい。朝の離乳食はごめんなさい。

ゲートをくぐって、搭乗を待つ間にオムツ替えとミルクの準備。オムツ替えと授乳スペースは空港内にたくさんあります!安心ですね。授乳をチェックイン後にしたのですが、授乳室は広くて個別に仕切られていました。ゲートをくぐった後のベビールームはオムツ替え待ちの列ができていたので、時間がギリギリとか待ちたくないという方はゲートをくぐる前に替えておいた方がいいと思います。

ミルクは飛行機に乗った後に乗務員さんにお願いすることもできますが、年末年始は赤ちゃんも多くて頼みづらいです。調乳はベビールームに調乳用のお湯があるので、やっておいた方がいいかもしれません。ちょっと水でさましておくと、飲む頃には適温になると思います。

Clovis Baby(クロビスベビー)ステリボトル 消毒不要使い捨て哺乳瓶(240ml)
旅行中は哺乳瓶の消毒をするのが難しいので、使い捨ての哺乳瓶があると便利です!

飛行機に搭乗

席に着くと周りは赤ちゃん、子供ばかり。ちょっと安心。年末ですからね。今まであまり気にしていなかったけど、年末年始に限らずゴールデンウィーク、お盆は赤ちゃん多かったかも

席に着くと、小河童ちゃんがキャッキャッと楽しそうにしてたので、お隣の方に「うるさくてすみません」と、ご挨拶しました。その方も「昔は赤ちゃん連れて帰省してたから気にしなくていいよ」と言ってくださいました。途中、話しかけてくれたり、最後に「いい子だったね〜」と言ってくださいました。周りの方にはひとこと声かけしておくといいと思います。

離陸のために飛行機が動き出したので、しばらく待ってからミルクを与えました。…が!年末で混んでいるようでなかなか飛び立たない…。離陸してしばらくしたら飲み終えていました。耳が痛くならないか心配だったけど赤ちゃんは耳が通りやすいみたいなので、笑ったり、水分補給で耳抜きができるみたいですね。

ANAのおもちゃ我が家はANAを利用したのですが、赤ちゃん連れの人にはおもちゃを配ってくれました。いろんなおもちゃがあって、我が家はティッシュのおもちゃにしました!旗が出し入れできます。
(追記:これはかなりお気に入りらしく、7ヶ月たった今もよく遊んでいます)おもちゃのおかげで30分くらいはぐずらずに過ごせました。
そして、ジュースをいただけるのですが、赤ちゃん連れの人にはストローを差してこぼさないようにしてくれます。

着陸のときに寝るように、1時間前に授乳開始。この日のためにケープを作って行きました。周りのお母さんもケープを使って授乳していましたよ。助産師さんに飛行機で泣いたときの対策として「授乳しておけば大丈夫!」と聞いていたので、泣きそうになったらおっぱいをあげていました。

お昼のねんねの時間もこの時間に調整しておきました。ただ…予定外なことに30分で起きてしまったのですが、着陸時もニコニコご機嫌でした。飛行機の音はお腹の中の音と似ていると聞いたので、心地よかったのかな!?

周りで泣いている赤ちゃんもいたけど、飛行機の音が大きいので気にならなかったです。
なので、あまり心配しなくても大丈夫です!思っているほど、赤ちゃんは泣きません。泣いたらおっぱい。繁忙期ではないときも、赤ちゃん連れのご家族はいましたが、泣いている子はあまりいなかった気がします。

飛行機移動のポイント

  • オムツ替え、ミルクの調乳はすませておく
  • 周りの人に「うるさくしたらすみません」と声かけをしておく
  • ミルクは離陸してからあげる
  • 泣いたらおっぱい!(ケープ必須)
  • 着陸のときにねんね

福岡空港から実家までの移動はバス

福岡空港からは天神まで地下鉄で、そのあとはバスです。バスは田舎行きのせいか人も少なくシ〜ン。ちょっとでも声をあげると響くかんじだったので、早々におっぱいをあげました。2時間くらいおっぱいをくわえさせていたので、疲れただろうなぁ。移動が長くて疲れたみたいでずーっと寝ていました。

とにかく、ぐずったらおっぱい!これで移動は乗り切れます!

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す