河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

「母なるおめぐみ」は母乳育児の強い味方!人気の理由は?

公開日:2016年9月25日

母乳育児をしたいけど、母乳が出ない……私も退院したときに母乳が2mlしかでなくてショックを受けました。そんなママにおすすめしたいのが、母乳育児のサポートをしてくれる「母なるおめぐみ」というあずきでできたお茶です。

今回は、母乳育児を目指しているママにおすすめの「母なるおめぐみ」のサンプルをいただいたのでをご紹介します。

「母なるおめぐみ」は、あずきのお茶

母なるおめぐみ あずき
母乳育児におすすめの「母なるおめぐみ」は、あずきを使っているのが特徴です。あずき茶は江戸時代から民間療法として利用されていたそうです。

私も知り合いのおばあちゃんから「あずきは母乳にいいのよ〜」と、あずきの煮物をいただきました。あずきは昔から、母乳育児のママに支持されている食べ物なんですね。

そんな母乳にいいとされているあずきには、どんな効果があるのでしょうか。

母なるおめぐみが母乳育児のママにいい理由

体を温めてくれる!

母乳育児
母乳は血液でできているので、血行がよくなると母乳が出やすくなると言われています。

授乳中のママにとって「冷え」は大敵!!

あずきは「サポニン」という成分が入っています。このサポニンという成分が体のめぐりをよくして、体を温めるそうです。

授乳中のママに不足しがちな栄養素を補える!

母なるおめぐみ 栄養
昔から産後ママの強い味方とされてきたあずきには、「鉄分」「亜鉛」「マグネシウム」「ビタミンB群」が豊富に含まれています。

赤ちゃんに母乳をあげることで不足しがちになる鉄分を補うことができます。

また、葉酸は妊娠中に必要な栄養素だと思っているママも多いのですが、授乳中にも必要不可欠なものなのです。粉ミルクにも葉酸は含まれていて、赤ちゃんの成長にとても大切な栄養素です。

1日の葉酸摂取量

成人男性 妊婦 授乳中
1日の必要量 200μg 400μg 280μg
1日の推奨量 240μg 440μg 340μg

妊娠中だけではなく授乳中のママは、成人男性に比べ多くの葉酸を摂取する必要があります。

ポリフェノールがワインの2倍!

母なるおめぐみポリフェノール
あずきポリフェノールはあずき100gあたり400mg〜600mgのポリフェノールを含み、その量は赤ワインの約2倍!! 産後は睡眠時間も少なく、赤ちゃんのお世話でママ自身の体をいたわる余裕がないので、豊富なポリフェノールはうれしいですね。

あずきはママの体を健康に保つためにサポートしてくれます。

カリウムがむくみを解消!

通常はバランスが取れているはずのナトリウムとカリウム。塩分を取りすぎるとナトリウムの濃度が高まり、バランスが崩れてしまいます。ナトリウムとカリウムのバランスが崩れると、体はナトリウムの濃度を下げようと水を溜め込み、むくみの原因となるのです。

あずきには100g中350mg〜360mg前後のカリウムを含んでいるので、カリウムとナトリウムのバランスをとるサポートをしてくれます。

食物繊維が豊富!

あずきには食物繊維が豊富に含まれていて、100gあたり17.8gとごぼうの約3倍!第6の栄養素といわれる食物繊維は、産後のママのスッキリをサポートしてくれます。

母なるおめぐみの味は?

母なるおめぐみティーパック
母なるおめぐみは1袋に30個のティーパックが入っています。
あずきの香り
袋を開けると、ほんのりと甘いあずきの香りがします。

お茶を入れてみると、香ばしい香りがただよってきました。
母なるおめぐみの味
「甘みがあるお茶」ということでしたが、甘さは感じません。大豆のような香ばしい味で、すっきりとしています。後味にほんのりと苦味が残ります。

飲みやすい味なのでたくさん飲めて、授乳中のママの水分補給にピッタリです。

美容と健康のためにも続けて飲みたいお茶です!
母乳育児サポート飲料「母なるおめぐみ」の詳細・購入はこちら
母なるおめぐ実

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す