河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

パンパースを使った感想とクチコミ〜紙おむつ徹底比較!

2015/08/27

我が家は新生児の頃からパンパースの紙おむつを愛用しています。おむつかぶれをしにくく、小河童ちゃんにはパンパースが一番合っています。

周りにもパンパースの紙おむつを使っているご家庭が多く、人気のある紙おむつです。

たまひよ赤ちゃんグッズ大賞

たまひよの赤ちゃんグッズ大賞2015「パンツ型 紙おむつ部門」で1位に輝いたパンパース! 多くのママから支持されている紙おむつです。

パンパース(テープ型・パンツ型)の価格

2017年3月のAmazonでの販売価格です。現在の価格はAmazonでご確認ください。

テープ型

サイズ 枚数 価格 Amazonファミリー価格
新生児 114枚 1,680円 (15円/枚) 114枚×3袋
3,927円 (11円/枚)
Sサイズ 102枚 1,698円 (17円/枚) 102枚×3袋
3,927円 (13円/枚)
Mサイズ 80枚 1,559円 (19円/枚) 80枚×3袋
3,927円 (16円/枚)
Lサイズ 68枚 1,694円 (25円/枚) 68枚×3袋
3,927円 (19円/枚)

パンツ型

サイズ 枚数 価格 Amazonファミリー価格
Mサイズ 74枚 1,699円 (23円/枚) 74枚×3袋
3,927円 (18円/枚)
Lサイズ 58枚 1,680円 (29円/枚) 58枚×3袋
3,927円 (23円/枚)
ビッグ 50枚 1,725円 (35円/枚) 50枚×3袋
3,927円 (26円/枚)

Amazonファミリー会員の価格

Amazonファミリー会員の定期おトク便なら、紙おむつやおしりふきなどのベビー用品が15%割引になります!

パンパースのメリット

以前はサイズが小さくて背中もれをよくしていたようですが、股上が深くなって多少は改善されたようです。
パンパース12時間お肌さらさら
「最長12時間お肌さらさら」とうたっているように、おむつかぶれがしにくいです。ほかの紙おむつを使ってかぶれてしまったので、我が家ではパンパースを愛用しています。

夜の間は10時間ほど付けっぱなしになりますが、パンパースを使っていておむつかぶれをしたことはありません。夜の間つけっぱなしでも、しっかりと吸水してくれます。

かぶれにくさではNo1だと思います!
おむつかぶれをしないというのは何事にも変えられないメリットだと思います。パンパースライン

おしっこのサインは1本のラインで周りによけいな柄が入っていないので、色の変化が分かりやすくなっています。水色の印もはっきりと出るので、服を少しめくって横の方からのぞいても、色が変わっているのかが分かります。

パンパースおむつライン
しまじろうの柄が好きが子どもはよろこびます。小河童ちゃんも2歳を過ぎてからしまじろうに興味をもちはじめ、「しまじろうのおむつはく!」とよろこんでいます。

パンパースにはポイントプログラムがあって、ポイントをためるとおもちゃやベビーグッズ、写真プリントなどと交換できます。

パンパースのデメリット

ギャザーがちょっとゆるめなので、抱っこをしていると股からおしっこがもれてしまうことがありました。

パンパース後ろ
テープ型の紙おむつは、以前のものに比べて股上が深くなったのですが、それでも背中の部分にギャザーがついていないので、ゆるいうんちだとすり抜けてしまうことがあります。

パンパースを愛用しているほかのママからも「パンパースがいいんだけど、うんちもれがね…」という声をよく耳にします。パンツ型はテープ型に比べると、少しだけうんちもれがしにくくなっています。

内側が水色なので、おしっこをしたときにどんな色なのかがわかりづらくなっています。おしっこのちょっとした変化を見逃してしまいそうなので、白色にしてほしいです。

パンパースのテープ型紙おむつの肌ざわりは、ウエストまわりがカサカサとしているので履き心地はよくなさそうです。

パンパースの口コミ

パンパースが人気なのはなぜなのでしょう。口コミを調べてみました。

  • ほかのおむつはかぶれたけど、パンパースならかぶれない
  • ムレない
  • おしっこをしても、さらさらしている
  • 吸水力があって、おしっこをしてもあまりふくらまない
  • おしっこもれをしない
  • うんちもれをする
  • 肌ざわりがわるい

やはり、吸水性とおむつかぶれをしないことが人気の理由のようです。我が家もおむつかぶれがこわくて、パンパースを手放せません!

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す