河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

人を叩いたり、髪を引っ張る1歳児の対処方法とその原因

2015/11/27

小河童ちゃんは好奇心旺盛なのか、人が大好き。公園で道行く人に手を振って「おーい」とあいさつをします。
子育て支援センターや、赤ちゃんや子どもたちが集まる子育て支援会場でも「おーい」と近寄っていきます。ですが、赤ちゃんや子どもに対しては髪を引っ張ったり、叩いたりするのです。

赤ちゃんのころは力加減が分からないからか、思いっきり引っ張ったり、つねったりしていましたが、それはだいぶ落ち着いて1歳になった今は、頭をたたきます。おもちゃでゴンッと叩いてしまうこともありました。

昨日なんて、子育て支援センターで5人以上は泣かせてしまいました。赤ちゃんに限らず3歳、4歳の子まで。小河童ちゃんは叩かれても、顔を思いっきり引っ張られても、ちょっとやそっとじゃ動じません。むしろ楽しそうに近寄っていきます。

私が常に謝ってばっかりで疲れたのと、泣かせてしまって申し訳ない気持ちで、どうしたものかと悩んでいました。ほかの子を見ても叩いたり、髪を引っ張る子はいないので育て方が悪いのか…、なにかの病気なのか…。

どうすればいいのか困り果て、保育園の園長先生であるカッバーバに相談しました。

人を叩いたり、髪を引っ張るの原因は?

人を叩く

そんなの気にしなくていいよ〜!!小河童ちゃんは、人が好きなんだね。

言葉で「あそぼう」と言えないから、つい手が出てしまうだけ。1歳〜2歳の子は、まだしゃべれないから手が出てしまうことは多いよ。

保育園には引っかいたり、噛んだりする子もいるから。小河童ちゃんは体力があるんじゃないかな? だから力が強くて、泣かせてしまうのかもしれないね。

言葉が喋れる2歳くらいになると減ってくるから心配しなくても大丈夫!

2歳って、あと半年以上もあります……。それまではどう対処していけばいいのでしょうか。

人を叩いたり、髪を引っ張ったときはどうすればいい?

人を叩いたり、髪を引っ張ったときはどうすればいい?

ママが代わりに謝って、人を叩いたり、髪を引っ張ったりすることはダメなことなんだと分からせる。お友達に「ごめんね」と言って、謝っている姿を見せてあげて。

ずっと謝りっぱなしでママが辛いんだったら、保育園に預けてみるのもひとつの方法かもしれないね。

叩いたり、髪の毛を引っ張ったりするのは、あそびの中でそういうのを取り入れてみたら? たとえば、タオルを持って引っ張りあったり、楽器を叩いてみたり。叩いたり、引っ張ったりすることに興味があるのかもしれないね。

なるほど! 叩いたり、引っ張ったりするようなあそびはしていないので、あそびの中に取り入れてみたいと思います。また、子どもは言葉で気持ちを伝えられない分、ママが気持ちを言葉に出して代弁してあげると気持ちが満足するそうです。

人見知りも全くしないし、大丈夫?

人にあいさつをした後にママの方を見てくる? 見てくるんだったら、あいさつしている姿をママに見て欲しいんだよ。

小河童ちゃんは頭がいいんだね。ママもパパもいっぱい関わってあげているから、人が好きなんだよ。心配しなくても大丈夫!!

小河童ちゃんは、私の方をチラチラと見ながらあいさつをしているので、ほめて欲しかったんですね。発達の心配をしましたが、問題なさそうで安心しました!

人を叩いたり、髪を引っ張る1歳児の対処方法とその原因まとめ

友達
1歳〜2歳の子はしゃべれないから手が出てしまう。しゃべれるようになれば、叩いたり、髪を引っ張ったりしなくなるから大丈夫ということを聞けて安心しました。
保育園で子どもたちを見続けているカッバーバの言葉には説得力があります。保育園では日常茶飯事で、ママにもそのことについて理解を求めているようです。

小河童ちゃんの発達に関しては「人が大好き」ということで安心しました。
泣いているお友達がいると近寄って心配そうに覗き込むので「小河童ちゃんが来ると泣き止むんだよね〜」といってくれるママもいます。

同じように叩いたり、髪を引っ張ったりして、お友達を泣かせてしまう子とは分かり合えるのか仲良くあそんでいます。人が好きで仲良くしたいけど、言葉で言えないもどかしさから叩いたり、髪を引っ張ったりして気を引かせようとしているんでしょうね。

問題は叩かれたママの反応です。私は叩かれようがなにされようが、そうやって友達と関わりながら強くなっていくと思っているので気にしませんが、やはり気にするママもいますよね。みなさんはどうですか?

お友達を叩かないでいてくれると私も安心してあそばせられるので、お友達やそのママには謝りながら、叩いたり、髪を引っ張ったりしてはダメだということを伝え続けたいと思います。

人を叩いたり、髪を引っ張っていた小河童ちゃんのその後

言葉が出るようになってきた1歳7ヶ月くらいから、手が出ることはほとんどなくなりました。

「いっしょ(一緒)」という言葉を言えるようになって、一緒にあそびたいときは「手をつなぐ」ということを覚えてから、叩いたり、髪を引っ張ったりすることはなくなりました。暴力的な子どもだったわけではなく、人が好きで一緒にあそびたかっただけなんだなぁ。と、今になって思います。

もうすぐ2歳になる小河童ちゃんは、友達もたくさんできて活発な女の子に育ってくれています。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す