河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

「いないいないばあっ!」に出演する方法!気になるオーディションの中身

2015/11/06

我が家の赤ちゃんは、「おかあさんといっしょ」と「いないいないばあっ!」が大好き。
歌とダンスが好きみたいで、「ブンバボーン!」や「わーお!」を一緒に踊っています。おかあさんといっしょは年齢がもう少し上のようなので、ちょうど1歳くらいの子が出ている「いないいないばぁっ!」に応募・出演したいなぁなんて考えていました。

「いないいないばあっ!」に出演する方法を調べてみたので、ご紹介します。

「いないいないばあっ!」に出演しているのは劇団の子ども

劇団の子供
いないいないばあっ!に出演している子どもたちは、1才3ヶ月~1才8ヶ月までの劇団に所属している子たちなんだそうです。

スタジオ収録では、パパやママから離れて「わーお!」を踊らないといけません。人見知りや場所見知りで泣いてしまうと、収録が中断されてしまいます。カメラや照明、音響など普段とは違う状況での収録になりますので、撮影現場に慣れている子どもをオーディションで選んでいるそうです。

もし、オーディションに合格して「いないいないばあっ!」に出演できるようになったとしても、泣くことが多いと降ろされてしまうそうです。赤ちゃんとはいえ、お仕事なのでシビアな世界ですね。

じゃあ、いないいないばぁっ! に出演するためには劇団に所属すればいいのかと思って、いろいろと調べてみるとまた新たな事実が…

「いないいないばあっ!」に出演するにはどうすればいい?

わんわん、うーたん、いないいないばあっ!
劇団に所属すれば、いないいないばぁっ! に出演するためのオーディションに参加できるのかと思えば、さらに条件があるそうです。

  • 2月と8月のオーディションの時に1才2ヶ月~1才8ヶ月
  • おしゃべりがまだできない
  • 渋谷のNHK撮影スタジオまで50分圏内に在住

オーディションは、機会を逃してしまうと参加できない月齢になってしまうので、赤ちゃんのころから劇団に登録しておいた方がよさそうですね。そして、ワンワンに話しかけてしまうと収録が止まってしまうので、おしゃべりができるようになると降ろされてしまうこともあるそうです。

オーディションではなにをするの?

いないいないばあっ!
いないいないばあっ!のオーディションは所属事務所がNHKに書類を送り、その中から出演オーディションに参加できる子どもが選ばれます。出演オーディションには200人以上の子どもが参加します。

オーディションでは、ワンワンと一緒に「わーお!」を踊れるか、楽しそうに踊っているか、泣かないかなどを見るそうです。

ワンワンはテレビで見ているとかわいくて、子どもはみんな大好きですが、実物はとても大きいので泣いてしまう子どもも多いのです。ディズニーやアンパンマンミュージアム、ゆるキャラなど大きなキャラクターと触れ合って慣れさせておきましょう。

スタジオのオーディションはいくつかのグループに分かれ、付き添いの保護者1人が入れます。「わーお!」の音楽が流れてひとりで踊らないといけないのですが、ママから離れられない子、途中でママのところに走ってしまう子も多いようです。もちろん、そうなってしまうと合格は難しくなってしまいます。

楽しくのびのびと踊っているかが、いないいないばあっ!出演オーディション合格のカギです。
家では楽しそうにたまたま機嫌が悪くて踊ってくれない。ということもありますので、お昼寝やご飯の時間を調整しておけるといいですね。

まずは劇団の無料オーディションに参加しよう!

いないいないばあっ!に出演するには、赤ちゃんのころから劇団に所属して、オーディションに備える!劇団で無料のオーディションが開催されているので参加しましょう。

劇団は、出演実績のある劇団の方がNHK側も安心して使えると思うのでおすすめです。
なにより「いないいないばあっ!」に合格するノウハウを持っているので、アドバイスやレッスンをしてもらえることもあります。

そこでおすすめなのがテアトルアカデミーです。鈴木福くんが所属している劇団で、実は福くんも「いないいないばあっ!」に出演していたんですよ。
子役で売れる子は、こういうところでしっかりと合格するんですね。

福くんや谷花音ちゃん、小林星蘭ちゃんなどの有名子役が所属しているテアトルアカデミーでは無料のオーディションをしています。うまくいけば、「いないいないばぁっ!」だけではなく、おむつのCMやTVドラマ出演などができるかもしれません。

赤ちゃんはすぐに大きくなってしまいます。オーディションは早くしておく方が有利!!
スマホから簡単に応募できる無料オーディションはこちら

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す