河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

お友達を噛んでしまう1歳児の対処方法

2016/01/27

1歳半になる小河童ちゃんは私を噛むことをほとんどないのですが、カッパパのことをよく噛みます。子どもにとっては、噛むことがカッパパとのあそびのひとつになっているようです。

お友達を噛むことはなかったのであまり気にしていなかったのですが、帰省しているときに同じ1歳のいとこを2回噛んでしまいました。

原因はおもちゃの取り合い。

欲しいおもちゃを奪い取るために噛んでいたのです。1回目はほっぺた、2回目は指を噛みました。ほっぺたは青くアザになってしまったのです。

これはいけないと思い、保育園の園長先生をしているカッバーバに対処法を聞きました。

1歳の子が噛んでしまう原因

おもちゃの取り合い

1歳の子どもだと、歯が生えてきてムズムズするときに噛むことが多いのよ。
保育園でも噛む子はいるね。おもちゃが欲しいけど、それがうまく伝えられなくて手がでたり、噛んだりする。だから0歳児のクラスには、おもちゃが人数分置いてあって、おもちゃの取り合いになりそうになったら、同じものを渡してあげてるのよ。
歯がムズムズして噛んでしまうときは、硬いグミ(喉につまらない大きさのもの)とか干しいも、するめみたいな歯ごたえのあるものをあげてみて。干しいもやするめを噛むことで満足するから。

嚙みつきは1歳〜1歳半の子どもにはよく見られる行動のようです。
自我が発達してくるけど、思うように表現できない。自我や自己主張の手段のひとつとして受け止めてあげましょう。保育園では、保護者にも自我の発達のひとつとして理解してもらうようにしているそうです。

小河童ちゃんがおもちゃの取り合いになって噛んだのは、自己主張のひとつだったのですね。

お友達を噛んでしまったときの対処方法

お友達を噛んだ時の対処法
自我の表現といっても、親としては噛まないで欲しいと思ってしまいますよね。それでは、自分の目の前で子どもが噛んでしまったときはどのように対処したらいいのでしょうか。

1歳〜1歳半の子どもは噛んだことを怒っても、理解できないからね。
怒るよりも噛まれた子をみんなが心配したり、手厚く看病することで「あれ、いけないことをしたかな」と思わせるといいよ。
噛まれたら跡が残ってしまうから、冷えピタを貼って冷やしてあげて。

カッバーバの孫育てを見ると、4歳になる孫は悪いことをしたらしっかりと叱っていましたが、1歳の孫はあまり叱っていませんでした。「ダメよ〜」とやさしく注意する程度です。「1歳だと怒っても、まだなにが悪いのか理解できない」から、親が先回りして注意してあげる必要があるのです。

噛まれた子のことはみんなで大げさなくらい心配して、噛みついた子の気持ちを「おもちゃが欲しかったんだね」「あそびのつもりだったんだね」など代弁して気持ちに寄り添ってあげましょう。

1歳半のお友達を噛んでいた子どものその後

グミ
カッバーバの話を聞いて「硬いものを食べさせる」ということを実践しましまた。硬いグミや干しいもをおやつにあげるようにしたのです。そして、カッパパが噛まれたら大げさなくらい心配するようにしました。

すると、1日1回は噛みついていたカッパパに全く嚙みつかなくなったのです。

帰省の最終日にいとこから、噛み返されて痛さを知ったのもよかったのかもしれません。あまりの痛さに放心状態になり、ぐったりとしていました。
いつもやってばかりだったので、やられる痛みを知れてよかったです。

お友達を噛んでしまう1歳児の対処方法まとめ

噛まれた方の親は、我が子が噛まれてアザができてしまうと怒る人もいると思います。親として未然に防ぐ努力も必要です。

  • 歯がムズムズしているようなら、硬いものを噛ませてあげる
  • 噛みそうになったら、すぐに止める
  • 子どもの気持ちを声に出して、表現してあげる
  • 噛んでしまったら、ていねいにお詫びをする

噛んでしまうのには子どもなりの理由があります。子どもの気持ちに寄り添って、相手の子どものケアもしっかりとしてあげてくださいね。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す