河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

迷子になりかけた!

2015/11/03

今日は祝日で天気もよく、公園びよりでした^^
カッパパはお仕事だったので、小河童ちゃんと2人で公園へ行ってきました。

とても大きな公園なので、土日や祝日などのお休みの日は家族連れでにぎわいます。テントを持ってきて1日過ごす家族もいます。簡単に折りたたみができて、コンパクトなテントで、ベビーカーに引っ掛けて持ち運びができるので我が家も「欲しいなぁ」と思っています。

小さな動物園

公園の中には、モルモットやハツカネズミを触れるスペースがあり、ここも子供連れで大にぎわい。小河童ちゃんも動物が好きなので、よく触っています。
モルモット

動物を触るときは動物用の座布団が必要なので、座布団を持ってモルモットに近づいていきます。小河童ちゃんに持たせると危ないので、私が抱っこしてナデナデ。
ちょっと触ると、新しい座布団を持ってきてモルモットをそっちに座らせる→座布団を持ってきて座らせるを延々と繰り返します。

ハツカネズミは小さくて握りつぶしてしまいそうなので、見るだけにしています。実際に子どもが握りつぶすという事故があったみたいです。大人が気をつけないといけませんね。

小河童ちゃんがいない!

動物を触ったので手を洗っていると、足もとにいたはずの小河童ちゃんがいません!!!!
人もいっぱいいて、パッと見渡しても見当たりません。

もう、ドキドキです。

でも、よくあそびに行っている公園だったので、落ち着いて小河童ちゃんが行きそうな場所を探しました。

すると…

いました!!!!

動物がいるスペースに入るドアの鍵をガチャガチャといじっています。
数分の出来事だったのですが、「連れ去られたらどうしよう」「このまま会えなくなるんじゃないか」とかいろんなことを考えてしまいました。よく行く公園だったから、だいたいの見当がついたけど、これが初めて行くショッピングセンターだったらと思うと、きっと見つけきれなかったと思います。

「歩くようになると目が離せなくなる」とよく言われていたけど、それを身をもって体験しました。
こんなこわい体験は二度としたくありません。ちょっとの間だからといって、目を離すと好奇心旺盛な子どもはいなくなってしまいます。

みなさんも気をつけてくださいね!!

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す