河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

すこやか(ビーンスターク)を使った感想と口コミ【粉ミルク徹底比較!】

公開日:2016年8月16日

我が家は産院でビーンスタークの「すこやか」を使っていたので、そのまますこやかを使っていました。「赤ちゃんが飲んでくれるから……」と、産院で使っていた粉ミルクをそのまま使用しているママも多いと思います。

今回は、ビーンスタークのすこやかの粉ミルクを使った感想と口コミ、成分などをご紹介します。

すこやか(ビーンスターク)の粉ミルク成分

熱量 514kcal たんぱく質 11.7g 脂質 27.8g
炭水化物 55.5g ナトリウム 150mg ビタミンA 450μg
ビタミンB1 0.4mg ビタミンB2 0.8mg ビタミンB6 0.4mg
ビタミンB12 1.5μg ビタミンC 60mg ビタミンD 9.3μg
ビタミンE 3.9mg ビタミンK 31μg ナイアシン 5.0mg
パントテン酸 4.0mg 葉酸 100μg ビオチン 15μg
カルシウム 350mg リン 200mg 6.2mg
カリウム 500mg マグネシウム 37mg 312μg
亜鉛 3.0mg セレン 6.2μg β-カロテン 40μg
シスチン 210mg タウリン 26mg リノール酸 4.5g
α-リノレン酸 0.6g ドコサヘキサエン酸(DHA) 70mg リン脂質 230mg
ヌクレオチド 12.5mg リボ核酸(RNA) 14mg ガラクトシルラクトース 2.5g
シアル酸 193mg ガングリオシド 10.3mg スフィンゴミエリン 62mg
コリン 70mg イノシトール 60mg 塩素 310mg
灰分 2.2g 水分 2.8g

※100g当たりの熱量・栄養成分(2016年8月)

すこやかの成分の特徴

「母乳に近い成分を」と作られた粉ミルクで、特徴は母乳にも入っている「リボ核酸」「シアル酸」2つの成分です。

リボ核酸……消化管のバリア機能を高め、食物アレルギーの予防になる
シアル酸……病原体による感染から赤ちゃんを守る

人気の粉ミルクのうち、この2つの成分が配合されているのは、今のところすこやかだけです。

すこやか(ビーンスターク)の粉ミルクを使った感想

粉ミルク すこやか
産院ですこやかを使っていたので「すこやかはいいのかな?」「粉ミルクを変えて飲まなくなったら困る」という理由でそのまま使っていました。

色は青みがかっていて、飲むと独特の味が舌に残ります。大人はおいしいと感じませんが、甘さひかえめで赤ちゃんにはちょうどいいのかな。

すこやか(ビーンスターク)のおすすめポイント

免疫機能No.1を目指しているすこやかは、「リボ核酸」「シアル酸」「ヌクレオチド」「母乳オリゴ糖(ガラクトシルラクトース)」「スフィンゴミエリン」「DHA」などの母乳に近い成分が粉ミルクに入っています。粉ミルクオンリーで免疫力の心配をしていたママも安心して使えるのではないでしょうか。

多くの産院で粉ミルクはすこやかを使っています。入院中になれた粉ミルクなので、赤ちゃんが「ミルクを飲んでくれない!」という心配がありませんでした。

甘さひかえめで母乳に近いので、粉ミルクの甘さに慣れてしまって母乳を受けつけないということがなく、混合でも安心してあげられます。

ビーンスタークのメンバーズクラブでは、ポイントを貯めると商品と交換ができます。

おむつ入れは使いやすく、生まれたときから愛用しています。写真フォルダももらいましたが、ポイント交換商品だとは思えないくらいしっかりと作られてていてお気に入りです。(※商品は定期的に入れ替わっています)

シール3枚から応募できるので応募のハードルが低く、2缶パックならシールが3枚付いてくるのでゴールド会員の商品ももらいやすいです。

プラチナ会員までは届きませんでしたが、ポイントプログラムの商品、ためやすさはNo.1だと思います。

すこやか(ビーンスターク)のよくないところ

サンプルをたくさん配っているので、価格が高めです。粉ミルクオンリーなら1週間で1缶を使ってしまうので、1ヶ月で1万円近くの出費になってしまいます。

母乳と粉ミルクの混合だったため、我が家は1ヶ月に1缶くらいの使用量でした。すこやかを使っていましたが、粉ミルクオンリーなら使わなかったと思います。

調乳するときに、はじめは70℃以上のお湯を使い、残り半分は湯ざましでも大丈夫な粉ミルクが多い中、すこやかは70℃以上のお湯でやらないといけません。冷ますのに時間がかかるので、湯ざましを使えればいいのにと思いました。

すこやか(ビーンスターク)の口コミ

honyubin

  • 母乳に近い成分なのがうれしい
  • 混合のことを考えて、母乳に近い甘さで粉ミルクの方が好きにならないように工夫されている
  • 便秘が解消された
  • 赤ちゃんが飲みやすそう
  • 調乳するときに、粉ミルクを缶ですりきりできるので使いやすい
  • 缶自体が抗菌されているので新生児でも安心
  • ポイントクラブが3缶買えは商品と交換できる
  • 価格が高い
  • うんちがゆるくなった

すこやかの粉ミルクは産院でも使用されていることが多く、そのまま使い続けているママが多いようです。成分も母乳に近かったり、混合のママのために甘さを控えめにしたり、ママが安心して赤ちゃんに与えられる粉ミルクです。

便秘気味だった赤ちゃんの便秘が治ったという口コミが目立ちました。すこやかの粉ミルクの中に入っている母乳オリゴ糖が、赤ちゃんの腸の中でビフィズス菌など善玉菌の栄養となり、善玉菌が増えることで便秘が解消されるようです。

すこやか(ビーンスターク)の粉ミルクを使った感想まとめ

産院で使っていたのですこやかの粉ミルクを使用するにあたって、安心感がありました。

便秘が解消されるとの口コミが多かったのですが、小河童ちゃんは週に1回のうんちでした。小児科で「辛そうでなけば、それがその子のペース」と言われたので、便秘にはなっていなかったのかなと思います。

すこやかの粉ミルクも母乳も大好きで、混合で続けられたのは甘さひかえめだったのがよかったのかもしれません。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す