河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

【麻疹風疹(MR)ワクチン】麻疹風疹の症状、予防接種のスケジュール

2016/08/12

麻疹(はしか)風疹(ふうしん)は、混合のMRワクチンを接種します。1歳になったら受ける予防接種で、無料で受けられる定期接種になります。

今回は、麻疹風疹の症状、麻疹風疹(MR)ワクチンの接種スケジュール、予防接種の内容についてご紹介します。

麻疹(はしか)ってどんな病気?

麻疹(はしか)の症状

麻疹(はしか)の症状

麻疹(はしか)は、麻疹ウイルスが空気感染することでおこります。

ウイルスに感染後、約10〜12日の潜伏期間があります。その後、麻疹(はしか)の症状が出はじめます。

麻疹(はしか)の主な症状は

  • 発熱
  • せき
  • 鼻水
  • 目やに
  • 発疹(ほっしん)

などです。

初めの3〜4日間は38℃前後の熱、せき、鼻水、目やになどが続くので、一見かぜのようにも思えます。一度熱が下がりかけたかと思うと、39〜40℃の高熱が出て、首筋や顔から赤い発疹が出はじめ、その後、発疹が全身へと広がります。

高熱は3〜4日で解熱し、次第に発疹も消えていきますが、発疹が消えた後もしばらく色素沈着が残ります。

麻疹(はしか)の合併症

麻疹(はしか)にかかると30%の確率で合併症を引き起こすことがあります。

主な合併症は

  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 中耳炎
  • 脳炎

などがあります。

麻疹(はしか)にかかった人は、1,000人に1人の割合で死亡するといわれています。

風疹(ふうしん)ってどんな病気?

風疹(ふうしん)の症状

風疹(ふうしん)の症状

風疹(ふうしん)は、妊娠したときに抗体があるか検査をしたと思います。妊婦が妊娠初期に風疹(ふうしん)にかかると、先天性風疹症候群(CRS)と呼ばれる病気にかかり、心臓病、白内障、聴力障害などを持った赤ちゃんが生まれることがあります。

風疹(ふうしん)は、風疹(ふうしん)ウイルスの飛沫感染によって起こります。

ウイルスに感染後、2〜3週間の潜伏期間があり、症状は

  • 発疹
  • 発熱
  • 首のうしろのリンパ節が腫れる
  • せき
  • 鼻水
  • 目の充血

などがあります。

子どもの場合、発疹や発熱は3日ほどで治ることが多いので「3日はしか」とも呼ばれます。

風疹(ふうしん)の合併症

風疹の合併症は

  • 関節痛
  • 血小板減少性紫斑(しはん)病
  • 脳炎

などが報告されています。

麻疹風疹(MR)ワクチンの接種スケジュール【定期接種】

風疹麻疹MR混合予防接種スケジュール
麻疹風疹混合のMRワクチンは2回接種します。

  • 1歳〜2歳の間に1回
  • 5歳〜7歳未満の間に1回

1回目は1歳になったらすぐに接種します。2回目は、小学校入学1年前〜入学する年の3/31まで(保育園や幼稚園年長)の間に1回接種します。

麻疹風疹(MR)ワクチンの副反応

MR混合予防接種副反応
主な副反応として

  • 発熱(熱性けいれん)
  • 発疹
  • かゆみ
  • 関節痛
  • 接種部位の赤らみ、腫れ、しこり
  • リンパ節の腫れ

があります。小河童ちゃんも麻疹風疹(MR)ワクチン接種後、発熱、接種部位のしこり、腫れがありました。

発熱は20%程度、発疹は10%程度で現れるそうです。いづれも2〜3日程度でおさまります。

まれに重い副反応として、アナフラキシー様症状(ショック状態、じんましん、呼吸困難)、急性血小板減少紫斑病(紫斑、鼻血、口腔粘膜出血)、脳炎、脳症、けいれんなどが報告されています。

参考資料
  • こどものための予防接種のしおり(平成26年版)
  • 麻疹・風疹びょうきとワクチン(武田薬品工業株式会社)
★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す