河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

【布おむつor紙おむつ】我が家は紙おむつと布おむつ併用に決定!

2015/05/13

赤ちゃんが生まれてすぐに必要になるのがおむつです。産院では紙おむつを使用するところが多いですが、家に帰ってからどちらを使うのがいいのでしょうか。

布おむつと紙おむつのメリット・デメリット、我が家が布おむつと紙おむつの併用にした理由をご紹介します。

我が家のおむつ事情

布おむつ
我が家は、外出時と夜寝るとき以外は布おむつにしました。

布おむつにした理由は

  • 経済的
  • ゴミが減らせる
  • おむつを買って帰るのが大変
  • 布おむつ一式を使わなかったともらった

一番の理由は経済的だからです。車がない上にドラッグストアーまで徒歩20分かかるので、1週間でなくなってしまう紙おむつを買って帰るのは大変! ということで布おむつを使うことに決めました。

義妹が「布おむつを買ったけど使わなかった」とおむつ20枚、おむつカバー4枚をもらったので初期費用はかかりませんでした。
布おむつの初期費用を安くおさえたい人は、新品の布おむつをオークションに出している方も多いので、オークションを利用すると安くそろえられます。

布おむつをメインで使っていてよかったこと

初めは、経済的なことを考えて布おむつを使うことにしました。我が家にお金があれば紙おむつにしていたと思います。両方使った今は「布おむつを使っていてよかったなぁ」と思います。

確かに洗濯や、こまめに変えないといけないのは大変です。

でも、赤ちゃんのおむつを替えることによるスキンシップが必然的に多くなり、10分に1回はおむつの確認をして「大丈夫だね〜」「出ているね〜」といった声かけができます。

自分も疲れているし、紙おむつだとここまで赤ちゃんに構ってあげることができていなかったと思います。

そして、トイレトレーニングを始めて「布おむつでよかった!」と思いました。

布おむつをしていたことで「おむつが濡れたら気持ち悪い」ということが身についていました。トレーニングパンツいらずです。

それに、おしっこがある程度成功するようになると、濡れていない紙おむつを捨てるのはもったいない……。でもずっとつけていて、汗で蒸れているし変えないわけにはいきません。布おむつなら気にせず変えてあげることができます。

紙おむつにはとってもお世話になっているし、紙おむつを否定している訳ではありません。ママ自身の体調が回復しなかったり、ストレスを感じてしまうのが一番よくないので、無理をせずにどちらを使うか決めてくださいね。

布おむつと紙おむつどっちが人気!?

布おむつが人気急上昇!?

最近は布おむつ人気も高くなってきていて「布おむつオンリー」と「布おむつ・紙おむつ併用」を合わせると3割ほどのママが布おむつを使用しているそうです。

おむつカバーもかわいいものが多く販売されているので、おむつを履いた姿がかわいいのも人気の理由です。

布おむつはかわいいけど、やっぱり楽な紙おむつ!

多くのママが紙おむつを利用しています。布おむつは洗わないといけないので、産後の大変な時期に余計な手間がかかってしまいます。その点、紙おむつは捨てるだけなので楽ちんです。

布おむつだと、おしっこの度に変えないといけないので、1時間に3回〜4回も変えることがあります。紙おむつは不快感や漏れる心配も少なく、おむつ交換の手間も省けます。

なんといっても「楽!」なんです。

布おむつと紙おむつのメリットとデメリットってなに?

布おむつと紙おむつのメリットとデメリット
布おむつと紙おむつ、両方使っているからこそ分かるメリットとデメリットがあります。
メリットとデメリットを、それぞれ理由付きでまとめてみました。

布おむつor紙おむつ まとめ

布おむつと紙おむつのメリット、デメリットを読んでみていかがでしたか?

紙おむつはママにとってのメリットが多いですが、赤ちゃんにとっては履き心地が悪くデメリットが多くなっています。布おむつは赤ちゃんのメリットが多く、ママにとってのデメリットが目立ちます。

ママがなにを重視しているか。経済的? 楽? 赤ちゃんにやさしい? 重要視する部分は人それぞれです。

おむつは、赤ちゃんがおむつが外れるまで(3年くらい)毎日何回も扱うものです。妊娠中のママは、生まれた後どちらにするかゆっくり考えてみてくださいね。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

»

おすすめの記事

コメントを残す