河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

子供に安心の日焼け止め!天然成分100%の【ソレオ オーガニックス】

2017/05/15

紫外線は4月ころから強くなってきます。春先はまだ皮膚が紫外線に慣れていないので、紫外線の影響を受けやすいといわれています。あたたかくなって、お散歩や公園あそびが楽しくなってくる春先から、紫外線対策をしっかりとしてあげましょう。

紫外線対策にや日焼け止めや帽子、ベビーカーカバーなどいろいろありますが、「ソレオ オーガニックス」というオーストラリア産の日焼け止めをいただきました。

ソレオオーガニックスは、口コミで人気の天然成分100%で作られたノンケミカル処方の日焼け止めです。なぜ口コミで人気なのか!? 実際に使ってみた感想をご紹介します。

紫外線から子どもを守ろう!

日焼け止めソレオオーガニック
ここ20年間で紫外線の量は緩やかに増え、有害な種類の紫外線が多くなっているといわれています。紫外線を浴びつづけることで、将来「皮膚がん」や「目を痛める」原因になることがわかってきました。

特に肌の弱い赤ちゃんや子どもは、紫外線の影響を受けやすいとされています。赤ちゃんや子どもの紫外線対策はしっかりとしてあげたいですね。

日焼け止め「ソレオ オーガニックス」の効果

原産国オーストラリア
日焼け止め「ソレオ オーガニックス」の原産国はオーストラリアです。オーストラリアは、国家をあげてUV・紫外線対策に取り組んでいる紫外線対策先進国なんです。

子どもに使う日焼け止めは、日本臨床皮膚科医会の「学校生活における紫外線対策に関する具体的指針」によると、

  • 「SPF15以上」、「PA++ ~ +++」を目安
  • 「無香料」and「無着色」の表示があるもの
  • プールでは「耐水性」or「ウォータープルーフ」表示のもの

がいいとされています。

ソレオ オーガニックスの日焼け止めは

  • SPF30+(UV-A、UV-B対応)
  • PA++
  • 天然成分100%
  • ウォータープルーフ

となっているので、全てを満たしています。オーストラリアでは高い防止効果が効率よく得られるSPF30が 最大値に定められています。

子どもが普段生活するのには十分な効果ですね。さすが紫外線対策先進国のオーストラリア産です!

日焼け止め「ソレオ オーガニックス」の成分

ソレオオーガニックスの成分

「ソレオ オーガニックス」は、天然成分を100%使用した日焼け止めです。

成分

ブドウ種子油、酸化亜鉛、ヒマワリ種子油、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、キャンデリラロウ、ミツロウ、野菜油、マカデミアナッツ油、テオブロマグランジフロルム種子脂(クプアスバター)、レシチン、サフラワー油、ローマカミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、酢酸トコフェロール、チャ葉エキス

日焼け止め成分だけではなく、「ブドウ種子油」「ヒマワリ種子油」「ミツロウ」などの保湿成分も含まれているので、洗い流したあともしっとりとしています。

「紫外線吸収剤」「合成着色料・香料」「専用洗浄料」は含まれないノンケミカルの日焼け止めなので、赤ちゃんや小さな子どもにも安心です。(※赤ちゃんは6ヶ月以上から使用可)

日焼け止め「ソレオ オーガニックス」を使った感想

日焼け止め「ソレオオーガニックス」
ソレオオーガニックスのパッケージは緑色で、おもて面が英語で書かれているので一見あやしい感じがします(笑)日本人には慣れない色合いですね。

ベルト通しやカバンにつけられるようにカラビナがついているのも、海外ならではのアイディアです。
使用前にもんで、よく振ってください
フタには「使用前にもんで、よく振ってください」と書いてあります。液体ではないのに「振る??」と謎ですよね。

日焼け止めソレオオーガニック
そのまま中身を出してみると、白い固形のクリームが出てきました。フタに書いてあったとおりに振ってもんでみました。
日焼け止めソレオオーガニッククリーム
クリームが溶けてなめらかになっています。振ってもむことでクリームを溶かして、分離している成分が混ぜ合わさるのかな。
日焼け止めソレオオーガニック
ソレオオーガニックはオイルの香りがします。つけるときにオイルの香りが気になるかもしれませんが、のばすと香りは気にならなくなります。

小河童ちゃんは香りが気に入ったみたいで「くっつさ!」と言いながらも、よろこんでつけています。
つけ心地
手の甲につけると、体温でクリームが溶けてのびがよくなります。白いクリームなので、肌が白くなってしまわないか心配だったのですが、スーッと肌に馴染んで白さは気にならなくなります。

つけ心地は保湿成分やオイルを使っているので、しっとりとしています。化粧品などでオイルが苦手な人は、ベタつきがちょっと気になるかもしれません。ベタつきが気になる場合は、ティッシュオフすると気にならなくなります。

日焼け止めウォータープルーフ
気になるウォータープルーフ効果は、バッチリ水を弾いてくれます。

赤ちゃんや子供は汗っかきなので、すぐに日焼け止めがとれてしまうのですが、このウォータープルーフなら大丈夫そうです。夏は海やプールで水あそびをする機会も多いので、今年の夏は活躍しそうです!
ソレオオーガニックの落とし方
ソレオオーガニックの日焼け止めは、石けんで落とすことができます。ササッと洗い流すとオイル残りが気になるので、しっかりと洗うようにした方がいいかもしれません。

ウォータープルーフの日焼け止めなのに石けんだけで洗い流せるのは、クレンジングを使えない赤ちゃんや子どもにうれしいですね。

子供に安心の日焼け止め! 「ソレオ オーガニックス」まとめ

ソレオオーガニックスは紫外線対策先進国のオーストラリア産なので、「SPF30」「PA++」と紫外線対策効果はバッチリです。

子どもにも安心なノンケミカル処方で、ウォータープルーフなのに石鹸で洗い流すことができます。

4月頃から紫外線は強くなってきます。まだ皮膚が紫外線に慣れていない4月、5月の春先は、紫外線の影響を受けやすいともいわれています。

夏だけではなく、あたたかくて心地よい季節になってきた春頃から、日焼け止めを塗るなどして紫外線対策をしっかりとしてくださいね。
体と環境にやさしい日焼け止めクリーム「ソレオ オーガニックス」の詳細はこちら



★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

«

おすすめの記事

コメントを残す