河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

6日間おっぱいを吸わなかったものの、卒乳失敗…【1歳5か月】

公開日:2016年1月13日

カッパパの実家に帰っている間に、卒乳にチャレンジしました。
眠くなってくると「パイパイちゃん」と言ってくるのですが、いとこのお姉ちゃんやお兄ちゃんとあそぶのが楽しかったみたいで、小河童ちゃんにちょっかいを出してくると一緒にあそび始めるということを繰り返していました。

無理やり引き離すわけではなかったので、断乳ではなく卒乳できそうと思っていました。

3日じゃおっぱいを忘れない!?

帰省する前に「3日吸わなければおっぱいのことなんて忘れるよ〜」なんてよく耳にしていたのですが、小河童ちゃんは6日経っても忘れることはありませんでした…。毎日「パイパイちゃん」と言ってきます。欲しがりはするものの、吸わなくても大丈夫でした。

私も小河童ちゃんには甘いので「戻ってきておっぱいを欲しがったらあげよう」と思っていました。
すると…やっぱり「パイパイちゃん」と言ってきました。
小河童ちゃんは、まだ卒乳のタイミングではないのかもしれません。断乳しようと思えばそのままできたけど、急いでやめないといけない理由もないのであげることにしました。

卒乳失敗!!! です(笑

夜中と目覚めの授乳がなくなった!

小河童ちゃんは夜中に3〜5回おっぱいを求めて起きていました。朝もチュパチュパとおっぱいを30分〜1時間しゃぶります。

これが辛くて「卒乳してくれればなぁ」と思っていました。

帰ってきて2、3日はおっぱいを求めて起きていたのですが、6日間夜間授乳をしなかったおかげか背中トントンで眠れるようになっていました。今まではいくらトントンしても泣き叫ぶので、結局おっぱいになってしまっていたのです。

寝起きもおっぱいを欲しがりはするものの、抱っこしてリビングに連れて行くとあそびだすようになりました。

帰ってきてから、授乳はリビングの一角の決まった場所以外ではやらないようにしました。すると、寝室にいる間は一切欲しがらなくなったのです。
おっぱいが欲しいときは、私の手を引っ張り、授乳場所に「座れ」と指示をしてきます。

「寝室ではおっぱいはもらえない」というのがインプットされたのかもしれません。

朝までぐっすりと寝れるように

「卒乳したら、朝までぐっすりと寝れるようになった」という話をよく聞きます。

小河童ちゃんは卒乳したわけではありませんが、夜間授乳がなくなったことで朝までぐっすりと眠れるようになりました!今まで、おっぱいを探し求めて起きてしまっていたみたいです。

小河童ちゃんは早起きで、朝は6時前に起きるのですが、夜中しっかりと寝てくれるのでとても助かっています。できることなら、7時くらいまで寝てくれると助かるんですが…。

卒乳は少しづつできればいいかな

小河童ちゃんは、年が明けてから1日に2回(朝と夕方)おっぱいを欲しがるようになりました。今までは家にいると1時間に1回は欲しがっていたので、とても進歩したなと思っています。

今小河童ちゃんは1歳半。まだまだ、おっぱいが好きでもおかしくないお年頃です。
1歳半検診では「そろそろ卒乳を」と言われるんだろうなと気が重いですが、小河童ちゃんがおっぱいを欲しがらなくなるまではあげたいと思います。幼稚園に行くようになっても、まだ吸っていたら止めさせますが…。

1日に2回しか欲しがらないので、卒乳の日も近いかもしれません。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す