河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

短肌着(たんはだぎ)

2015/06/13

赤ちゃんと大人の汗腺の数はほぼ一緒。だから、赤ちゃんはとっても汗っかきなのです。
小さい体で大人と同じくらいの汗をかくのに体温調整はまだできません。
肌着の枚数や厚みを変えて、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

短肌着の特徴

ぬい目

短肌着の縫い目
新生児の肌着のぬい目は外側になっています。
これは、ぬい目が赤ちゃんの肌を刺激しないようにです。
無地だと間違えてしまいそうですが、新生児が着る短肌着、長肌着、コンビ肌着は裏ぬいになっています。

タグ

hadagitag
タグもぬい目とおなじように、外側に付いています。
やわらかい赤ちゃんの肌を刺激から守るためです。

短肌着の着せ方

必要枚数 5〜6枚
新生児〜3ヶ月くらいまで使用します。
短肌着は、基本となる肌着で汗を吸い取る役目をします。
汗をかいたら短肌着を着せ替えるので、ほかの肌着より多めに準備しておくといいでしょう。
ひもで結ぶタイプのものは、前の部分を重ね合わせて使うので大きく広がり、着替えがしやすくなっています。

使い方は、長肌着やコンビ肌着と合わせて使います。
腰の長さまでの短い肌着なので、ほかの肌着と組み合わせてもごろつきがありません。

基本的な組み合わせは「短肌着+長肌着+ドレスオール」「短肌着+コンビ肌着+ドレスオール」です。
sinseijikisekata
暑い日は短肌着1枚で着させても大丈夫です。
長袖やノースリーブのものもありますので、季節によって使い分けましょう。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す