河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

ズーラシアの料金を安く利用できる5つの方法!

公開日:2015年9月22日

ズーラシアの料金はアフリカのサバンナエリアが全面オープンして、800円に料金が上がりました。赤ちゃんや子供がいると、少しでも安く入りたいですよね。
ここでは、意外と知らない安く利用できる方法をご紹介します!

ズーラシアの入園料金

個人 団体(20名以上)
一般(18歳以上) 800円 640円
高校生・中人 300円 240円
中学生・小学生 200円 160円
小学生未満 無料 無料

駐車場料金…一般車1回1,000 円

入園料金を10%割引できる前売り券

ズーラシア
ズーラシアの前売り券を購入すると10%割引で入ることができます。

  • 大人 800円→720円
  • 高校生 300円→270円
  • 小・中学生 200円→180円

前売り券ですが、ズーラシアへ行く当日に購入しても大丈夫です。

販売場所

  • JTBサイト
  • JR横浜線中山駅「みどりの窓口」
  • ローソン ※商品コード「0239852」
  • ファミリーマート ※商品コード「0239852」
  • セブンイレブン ※商品コード「0239852」

JTBサイトでスマホ専用の電子チケットとして、購入することができます(※スマホ必須)。入場ゲートでスマホの電子チケット画面を見せて入ることができます。チケット交換で待つ必要ないので、スムーズに入場できます。

JTBのサイトから「レジャーチケット」のメニューを選び、ズーラシアで検索してください。コンビニ購入ではなく、「スマホ電子チケット」と書いてある方からご購入ください。
JTBのサイトはこちら

コンビニで購入する場合は、コンビニにある端末で上に記載した商品コードを入力します。チケットはJTBの取り扱いになります。レシートのようなものが出てくるので、それを持ってレジでお金を払い、前売りチケットと交換してください。ズーラシアに着いたら、窓口で入場チケットと交換ができます。

よこはま動物園・金沢動物園共通年間パスポート

年間パスポートは「よこはま動物園ズーラシア」と「金沢動物園」共通です。
金額は2,000円で横浜動物園ズラーシアと金沢動物園が利用できます。

販売価格・有効期間・販売場所

18歳以上 2,000円
購入日から1年間利用できます。

  • ズーラシア…正門総合案内所・北門案内所
  • 金沢動物園…入園口

で購入できます。

土曜日は小学生、中学生、高校生の入園料が無料!

小学生、中学生、高校生の入園料
子どもがいるご家庭に嬉しいサービスがあります。
毎週土曜日は、小学生、中学生、高校生は無料になるのです!!学生証が必要になるので、持参してください。

土曜日は「台所見学ツアー」といって、動物のエサを作っているところを見ることができるツアーがあります。先着20名なので当日ズーラシアに到着したら申し込みましょう。

新江ノ島水族館&よこはま動物園ズーラシア前売りセット券

新江ノ島水族館
ローソン、ミニストップで「新江ノ島水族館」と「よこはま動物園ズーラシア」の前売りセット券が販売されています。(Lコード:31880)
新江ノ島水族館 入園1回分、よこはま動物園ズーラシア 入園1回分のセット券です。

  • 大人 2,610円
  • 高校生 1,620円
  • 小人(小・中学生) 1,080円
  • 幼児(3歳以上) 540円

大人で、ズーラシアが800円、新江ノ島水族館が2,100円なので、290円の割引になります。
有効期限は購入日から3ヶ月間なので、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、お盆などの連休や3ヶ月以内に両方行く場合は買っておいた方がお得になります。

20%割引になる提携カード・会員割引

提携カード
提携カードや会員割引ができるものをご紹介します。

  • 大人 800円→640円
  • 高校生 300円→240円
  • 小・中学生 200円→160円

JAF会員割引

JAFの会員になっている方なら、窓口で会員証を提示すると入園料金が20%割引きになります。
会員の方を含めて、5名までが20%割引きになるので、とってもお得です。

相鉄カード割引

相鉄カードを持っていると、20%割引になります。現金での支払いとなります。
カードの所有者を含めて5名までが割引になります。

首都高カード割引

首都高カードを持っていると、20%割引になります。
首都高カード会員と同伴者4名まで(合計5名)が割引になります。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す