河童子の子育て・育児メモ。赤ちゃんの成長を綴った育児ブログも公開!赤ちゃん、1歳、2歳のことなら子育てBaby

初めての高熱38.9度。対処法は?

公開日:2015年8月14日

小河童ちゃんは冬の間、風邪をよくひいていたのですが、熱は微熱程度。38度以上になることはありませんでした。
それが、いきなり38.9度の熱を出したのです!!

昼間はいつもどおりあそんでいて、変わった様子はありませんでした。
夜、寝かしつけたときもいつもどおり。なんら変わったことのない1日でした。
明日はカッパパがお休みなので「江ノ島水族館にでも遊びに行こうか〜」とのんきに話していました。

体が熱い?

そして、カッパパが小河童ちゃんの様子を見に行ってくれたのですが「なんか、体が熱い。エアコンの温度下げる?」と言いながら帰ってきました。
そのときは、ただ単に暑いのかなと思ってエアコンの温度を下げてあげました。

さらに30分後にカッパパが見に行くと「やっぱり体が熱いかもしれない」と言っていたので、私も様子を見に行くことにしました。
体を触ってみると熱い!! あきらかに熱があります。しかも、高熱!!
急いで体温計を取りに行って計ってみると、グングン熱が上がります。
体温は38.9度。もうすぐ39度です。

39度の熱なんて私も滅多に出さない高熱です。
普段の私ならテンパってアタフタしてしまいそうなところですが、熱性けいれんを起こすかもしれないと頭の中で冷静に対処法をシミュレーションしていました。

熱を下げるためにやったこと

まずは、熱さまシートを小河童ちゃんの背中に貼ってあげました。おでこや赤ちゃんが触れるところに貼ると、ズレて窒息する恐れがあるからです。
冷やしてあったアイスノンを頭の下に置いて熱をさまします。
本当は脇の下や太ももの内側を冷やすと熱が冷めやすいのですが、嫌がって寝返りで逃げてしまうので頭の下にしか置けませんでした。

私たちがバタバタしていたせいで、小河童ちゃんの目が覚めて、ムクッと起きてあそびだしました。
ぐったりはしていないし、イオン水も飲んで水分補給もできたので心配な状態ではなさそうです。
お友達のママさんも子どもが40度の熱をだしたけど、いつもどおりあそんでいたと言っていたので、赤ちゃんは強いです。

体を冷やしてあげたら、熱は少し下がって38.4度になりました。とりあえずは一安心です。

保育士のカッバーバに熱が出たときの対処法を確認

落ち着いたところで、カッバーバに対処法を確認しました。

  • 水分補給はしっかり(できればベビー用のイオン水)
  • 39度を超えたら病院に連れて行くか決めなさい
  • 口の中にブツブツはできていないか(夏なので、手足口病の可能性)

「ご飯もしっかり食べているし、ぐったりしていないのなら大丈夫でしょう」とのことでした。

赤ちゃんが高熱をだしても、私が落ち着いて対処できた理由

以前、下痢で病院へ行ったときに先生から「そろそろ夜に高熱を出すことがあるかもしれないから、解熱剤を処方しておくね」と念のため解熱剤をもらっていたのです。
熱を完全に下げる薬ではなく、39度を超えてぐったりしているようだったら使う座薬です。
「38度台までしか下がらないと思うけど、少し楽にしてご飯を食べられるようにするためだから」と処方されました。

たとえ高熱が出たとしても、薬があるから大丈夫。という安心感があったのです。
あらかじめ先生に「高熱をだすことがあるかも」と言われていたので、心の準備もできていました。

もし、赤ちゃんの高熱が心配なようなら小児科の先生にお願いして、解熱剤をあらかじめもらっておくといいかもしれません。

その後、熱は下がりました

夜の間、何度か熱を計ったのですが37度台の微熱が続いていました。
朝起きて37.3度の熱がありましたが、昼には平熱に戻り元気にあそんでいます。

赤ちゃんは体温調整機能が未熟なので、熱を出しやすいです。
パパやママが慌てないように、あらかじめ対処法を頭に入れておくと安心です。

熱が出ると汗をかいて、脱水症になりやすいので水分補給をしっかりとしてあげるようにしてください。
ご飯も食べられずに、ぐったりしているときはすぐに病院へ。
慌てず、赤ちゃんの様子をみて、適切な処置をしてください。

★最後までお読みいただき、ありがとうございます。シェアしていただけると、育児頑張れます!

« »

おすすめの記事

コメントを残す